Top >  花粉症情報 >  花粉症が現代病と言われるわけは?

花粉症が現代病と言われるわけは?

以前お話しましたが、外から入ってきた異物に対して、「IgE抗体」といった抗体が対抗します。
その結果が、くしゃみや鼻水・涙などなのです。
鼻水や涙やくしゃみやといった体の対抗とともに、鼻が詰まることも「対抗」の一種なのです。

そう考えると人間の体ってすごいなぁ・・・と思います。
知られていない「人間の不思議」ですね。

鼻水・涙・くしゃみといった対抗。
人間の体の知られていないメカニズムは理解できます。
ですが、今も昔も花粉は飛んでいたのではないかと思うのに昔は「花粉症」なんて言葉を聞かなかった記憶があります。
今は「花粉症』でない人を探す方が大変に近いくらいまわりに花粉症だという人が多いのです。
そのため花粉症は「現代病」と言われています。

昔はそんなに聞かれなかった「花粉症」が急激に増えたのはなぜなのか?
それは、人間の置かれている環境が原因なのです。

 <  前の記事 花粉症と食品の関係とは  |  トップページ  |  次の記事 アレルゲンの杉とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/377

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。