Top >  花粉症情報 >  子供の抵抗力が弱ったわけ

子供の抵抗力が弱ったわけ

現代の子供にアレルギーを発症する人が増えている理由は5つありましたね。
他の4つについては以前に書いていますので、そちらをご覧下さい。
さて、最後の原因です。
それは「抗生物質」です。
風邪などの症状には必ず処方される「抗生物質」ですが、2歳未満で抗生物質を多量に使いすぎると腸内環境が乱れてしまうのです。
その結果、アレルギーを起こす引き金となってしまうのです。
子供はよく何でも口に入れますよね。
あのなんでも口に入れるという行動は、実は体がさまざまな細菌や微生物といったものの勉強をしているのです。
この頃は清潔・抗菌が第一に考えられていますが、その徹底振りが子供の体を弱くしている一番の原因なのかもしれません。
確かに、最近やウィルス・微生物などは生命にかかわるものも少なくありません。
ですので、怖い部分もありますがあまりに神経質になって清潔にこだわりすぎるということはあまり良くないのかもしれませんね。

 <  前の記事 子供がアレルギーを発症するようになった原因は  |  トップページ  |  次の記事 家の中の花粉症対策  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/3803

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。