Top >  花粉症情報 >  花粉症とアレルゲン

花粉症とアレルゲン

花粉症と言う言葉を春先になるとよく聞くようになりますよね?
花粉症とは、花粉と言うアレルゲンが体内に入った時に体内の物質が花粉を「異物」だとみなされると発症してしまようです。
必ずしも全員が全員、花粉症というものをを発症するというわけではありません。
花粉症を発症するかどうかはいろんな原因が複雑にからみあってのようです。

さて、花粉とは当然ですが植物から飛んできます。
以前、人工的に植えられたという杉やヒノキの話をしました。
人工的に植えられたとはいえ、杉やヒノキも自然の植物です。

花粉症の原因とされるアレルゲン(物質)は約60種類もあるのです。
そんなにアレルゲンがあるなら、昔から花粉症に悩まされてきた人は多いのでは?
と思いますよね。
実際は、今ほど「花粉症」に悩まされてはなかったのです。

現在は、日本人10人に1人の割合で花粉症を発症しているといわれています。
なぜ、そんなに「花粉症」が多くなったのでしょうか?

 <  前の記事 所かわれば、花粉もかわる!?  |  トップページ  |  次の記事 花粉症のメカニズム  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/374

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。