Top >  花粉症情報 >  東洋医学で見る花粉症とは?

東洋医学で見る花粉症とは?

花粉症の症状・・・鼻水・涙・くしゃみが止まらなくなる症状は、東洋医学では「水毒」というのだそうです。
花粉というアレルゲンが体内に入ってくる→それを除外しようとする→鼻水・涙といったものが出る。
この状態を「水の毒」とかいて「水毒」と書くのだそうです。
それでは、東洋医学でこの「水毒」にはどういった治療法を用いるのでしょうか?
東洋医学の治療法は主に漢方薬とツボ押しです。
今回は漢方薬について紹介しましょう。
「水毒」の治療には「桂枝茯苓丸」「防已黄耆湯」「柴胡桂枝湯」「当帰芍薬散」といった4つの漢方薬があげられます。
この4つの漢方薬はすべて鼻水・くしゃみといった症状を抑える働きがあります。
「水毒」の治療には持ってこいの漢方薬なのです。
では、この4つの漢方薬をすべて飲まないといけないのか?と思いますよね。
そうではありません。
4つの種類があるのは、漢方薬を飲む人の体型・症状などにあわせて飲むためなのです。

 <  前の記事 花粉症に効く漢方薬は?  |  トップページ  |  次の記事 東洋医学と西洋医学の違いとは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/1260

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。