Top >  花粉症の予防 >  花粉症予防として効果が高いハーブの理由は

花粉症予防として効果が高いハーブの理由は

前回、花粉症予防として効果がハーブ、ネトルについて紹介しました。
ネトルには花粉症予防として効果があると言われている理由は抗体などが作られるのを抑える働きがあるからなのです。
抗体が作られるのを抑える働き・・・それは花粉症にも良いのです。
ネトルは北半球で自生しています。
鉄分が多く含まれていると言われ、鉄分の吸収を助けるビタミンCも多く含んでいます。
鉄分が多く、しかも鉄分の吸収を助けるビタミンCも多く含んでいるのなら貧血気味の方にはよさそうですね。
上記の話に戻りますが、なぜ抗体が作られるのを抑える働きがあるから花粉症にいいのかというと花粉症は抗体が作られることで「ヒスタミン」というものが作られるそうです。
このヒスタミンが作られる花粉症の症状が出るわけなのです。
ですから、逆を考えれば抗体が作られるのが抑えられたら花粉症の症状は出なくなるということになりますよね。
ネトル以外の花粉症予防対策にエルダーフラワーもよい効果を表します。
エルダーフラワーにもウィルスの侵入を抑えたりアレルギーが出るのを抑える作用がありますので花粉症にも効果があると言われるのです。

 <  前の記事 ハーブの効き目とは  |  トップページ  |  次の記事 花粉症は大人だけの症状ではない!?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/3800

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。