Top >  花粉症の対策 >  花粉症の医学的治療法「ステロイド投与」

花粉症の医学的治療法「ステロイド投与」

花粉症の治療法はいろいろと開発されてきています。
前回、花粉症の治療法の4つのうちの1つ「抗ヒスタミン剤」について紹介しました。

今回は、花粉症の治療法の4つのうちの2つめ「ステロイド投与」について紹介します。

花粉症の治療法の2つめの「ステロイド投与」についてですがこの「ステロイド投与」は花粉症の治療法として有名な方法であると思います。

薬の効き目を考えるととても強いです。
ですので「抗ヒスタミン剤」では効かない花粉症の症状に効果はあると思います。

ただ、確かに薬の効き目は強いですが、副作用についての報告もあり、副作用について指摘されています。
ですので、ステロイドを使う際には分量を調整するとか局所だけにステロイドを投与するなどといった
工夫が必要であります。
ステロイドの副作用が心配でしたら、医師と相談しながらこのステロイド投与の治療を行うべきです。

 <  前の記事 花粉症の医学的治療法「減感作療法」  |  トップページ  |  次の記事 花粉症と杉花粉  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/386

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。