Top >  花粉症について >  花粉症と食品の関係とは

花粉症と食品の関係とは

「花粉症」は現代病と言われています。
その花粉症が増えた原因については以前、説明しましたね。

花粉症が増えた主な原因は3つありました。
1つめは高カロリー・高たんぱく質・高脂肪の食事が増えたこと。
2つめは食品に含まれている食品添加物の摂取量が増えたこと。
3つめは住んでいる住宅環境です。

すべて体を弱くさせている原因なのです。
高カロリー・高たんぱく質・高脂肪の食事を続けているとアレルギーに限らず
あらゆる病気の原因になります。
食品添加物も化学物質ですので、摂取し続けることはあまり良くないのは分かりますよね。
住宅も昔ほど風通しが良くないので、暖かいといったメリットもありますが
家が快適すぎると外の環境に順応できなくなってしまい、その結果人間の抵抗力は弱まってしまうのです。
そういったことが重なって今までに問題とされなかった「花粉」が今では大きな問題になっていったのです。
「たかが」花粉だったものが「されど」花粉にでしょうか?

 <  前の記事 アレルゲンのスギ花粉って?  |  トップページ  |  次の記事 花粉症が現代病と言われるわけは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/379

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。