Top >  花粉症について >  花粉症の症状

花粉症の症状

花粉症はなぜ起こるのだと思いますか?

それは、人間の体には自分では意識しないので分からないのですが体を守る働きがあるのです。
そして、その反応は花粉に対しても例外ではないのです。
外から侵入した花粉を異物だとし、それに対する対応をするのです。
その反応の結果が、体には必要でないものだと判断されて排除に動くのです。
その排除に働く役目を持っているものが「IgE抗体」というものです。

「IgE抗体」という抗体は一度作られると、また次に同じもの(今回は花粉)が外から入ってきた時に異物(花粉)を外に出そうと働きます。
大げさな話ですが、抗体が空を飛ぶわけはありませんから体から異物を出すために
くしゃみとか鼻水や涙といった現象で対処するのです。

くしゃみや鼻水・涙が続くとつらいですよね。
でもこれらが出るのは、外からの異物に対抗した抗体の「反応」なのです。

鼻水が出る反応とは逆ですが、鼻が詰まるといったことも同じ異物に対抗した抗体の反応です。
異物の侵入防ぐために起こるのです。

 <  前の記事 花粉症と食品添加物の関係  |  トップページ  |  次の記事 花粉症の医学的治療法「抗ヒスタミン剤」  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/376

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。