Top >  花粉症について >  花粉症に効くツボとは?

花粉症に効くツボとは?

前回、花粉症の治療として漢方薬を紹介しました。
西洋医学と東洋医学の違いとして、東洋医学は体型によって飲む漢方薬が違います。
これは日本ではないことなので不思議な気がしますね。
それでは、花粉症にはどこのツボが効き目があるのでしょうか?
それについて調べてみましょう。
体には沢山のツボがあります。
そしてそのツボひとつひとつにもちゃんと意味があり、健康に対し大きなかかわりを持っています。
ですが、ツボというものは1回押しただけではあまり効果は期待できないのです。
ツボを刺激するということを習慣にするといいでしょう。
それでは、花粉症に良いとされるツボについて紹介しましょう。
まず、手の甲の親指と人差し指の骨の付け根にある「合谷」とよばれるツボです。
ここはいろいろな症状に効く万能のツボだといわれています。
免疫機能も高めてくれるので覚えておくといいでしょう。
そして足の内側のくるぶしを太い骨にそって指3本上の三陰交とよばれるツボ。
これも花粉症にとてもよいとされているツボです。

 <  前の記事 東洋医学と西洋医学の違いとは?  |  トップページ  |  次の記事 花粉症に効く市販薬とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/1262

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。