Top >  花粉症について >  アレルゲンの杉とは

アレルゲンの杉とは

「花粉症」・・・この言葉で、浮かぶものは何でしょうか?
くしゃみや鼻水・花粉・杉などでしょうか?

現在の花粉症のアレルゲンとしてとても多いのは「杉」なんだそうです。
それは、建材の目的や治山や治水などで全国に杉を植えたからなのです。
現在ある杉の林は人工林なのです。

本来だと、自然のままの森林はいろいろな樹木が自生します。
と言うことは・・・杉ばかりの林っておかしいですよね?
それは、杉だらけの森林というものは本来はないものなのです。
なぜ、杉だけの林が存在するかというと、それは人間が手を加えたからです。

日本の建材として必要なのは「杉」と「ヒノキ」です。
上記の二つが必要なのに、他の木を植えるでしょうか?
それなら関係のない木を植えるより、必要な木(杉とヒノキ)のみ植えるようにしますよね?
良かれと思ってしたことなのに、これが花粉症のアレルゲンの花粉の「杉」を
作り出してしまう結果になったのです。

 <  前の記事 花粉症が現代病と言われるわけは?  |  トップページ  |  次の記事 所かわれば、花粉もかわる!?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/372

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「花粉症~つらい時期を乗り切るために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。